文鳥好きの談話室
※※禁止ワード「教えてください」※※

[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
URL
題  名
イメージ
  
コメント
※アイコンはHP『小鳥のお宿』さんの制作されたものです
投稿画像の数を変更できます→
修正キー (英数字で8文字以内。自分の記事を修正・削除できて便利です)
文字色
枠 色
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)

爪切りの時期
投稿者: 投稿日:2015/05/26(Tue) 15:50 No.13103

こんにちは。

実家で両親が桜文鳥を飼い始めたのですが、最近になって爪が伸びてきたみたいだから切ってほしいと言われました。

私も白文鳥を飼っていて、苦手ながらもなんとか自分で切っていますが
一番初めに切ったのはいつごろだったかと思いまして・・・。

というのも、実家の子は三月に生まれた子なので雛ではありませんが大人ではないですよね・・・まだ、ちょっと早い気がしまして。

確かに先月に見に行った際、抱っこした時にずいぶんと爪が鋭いなとは思ったのですが・・・。                                
飼い主さんが、それぞれ様子を見て気になった時に切っていると思いますが、そんな大人になりきれてない子の爪を切っても大丈夫なのでしょうか?

あともうひとつ。
新聞紙やティッシュで遊んでいる際に、小さくちぎった紙をグジュグジュして食べてしまうというのですが・・・。

私は実際に見てはいないのですが、糞で出た形跡もないといっています。でも食欲もあって、よく遊んでいるようなのでお腹に溜まっているようにも見えないらしく、なるべく簡単にはちぎれなさそうな紙で遊ばせているみたいなのですが、みなさんの文鳥さんでそんな子はいらっしゃいますか?




Re: 爪切りの時期
ジャクボー - 2015/05/26(Tue) 16:25 No.13104
HomePage

ani-kakisaku.gif こんにちは。
健康な文鳥の爪の伸びるスピードは、持って生まれた爪の質と、生活環境による、と思います。爪が擦れるような運動をしていないと伸びやすいわけです。
具体的には、太い細いの強弱のない細い止まり木や、人間の体の上を行き来するだけだと、爪が擦れる機会がないので、伸び続け、逆に太い枝とか床とかを移動していると、自然に擦れるので伸びにくくなるのです。

伸びたら切るで、生後1っヶ月でも数ヶ月でも、問題はないでしょうね。人間の赤ん坊の爪を切らなかったら大変なことになるはずですが、同じことかと思います。

紙を食べてしまっている、という話は、結構耳にしますが、その多くは吐き出していると思います。本当に食べるようなら、野菜不足などが原因になるのかなぁ、とも思いますが、あまり関係ないようにも思います。つまり、食べる理由は無い、と思うのです。
もし本当に食べているようにしか見えなければ、遊び道具は別のものを考えたほうが良いかと思います。




Re: 爪切りの時期
- 2015/05/26(Tue) 17:26 No.13105

さっそくの返信ありがとうございます。

なるほど、小さい大きいは関係なく、やはり気になったら怪我をする前に切ってやった方が良いみたいですね。

分かりました。週末にでも様子を見てきます。

今まで何羽か飼育していたのですが、紙を食べてしまう子はいなかったので驚いていたのですが、割といるんですね(笑)

両親は一時的なものかもと言っているのですが、やはり遊び道具を考えた方が良いかもしれませんね。

分かりました。ありがとうございました。





クチバシ
投稿者: みと 投稿日:2015/05/23(Sat) 21:24 No.13101

こんばんは。はじめまして。
最近憧れていたシルバー文鳥を飼いはじめました。生後5ヶ月くらいの子で、慣れてくれるか心配でしたが、2〜3日で慣れてくれて、今では手の上で餌を食べてくれます。
そんなことはどうでも良いのですが、最近その子のクチバシが伸びている気がします。というのも、先の方ではなく両側がビロッと出ています。あまり目立たないのですが結構出ています。それが原因かわかりませんが、よくクチバシを擦る音が聞こえます。文鳥の本の、病気のページにクチバシの両側がでていると病気、と言うとことが書かれていて、少し心配です。
大丈夫なんですかね?また、病気だったらどのような対処法をすれば良いのでしょうか?
ご意見お願いします




Re: クチバシ
ジャクボー - 2015/05/23(Sat) 21:55 No.13102
HomePage

ani-kakisaku.gif こんばんは。
「文鳥の本の、病気のページにクチバシの両側がでていると病気、と言うとことが書かれていて」、そうですか?誰が書いた何という本で何の病気と書かれているのでしょうか?
「病気だったらどのような対処法をすれば良いのでしょうか?」、からかうわけではありませんが、病気だったら、やはり実績のある獣医さん診てもらうのが、一番の対処法でしょうね。

もちろん、クチバシの変形が起きる病気もありますが、病気でなくても、クチバシは伸びるのが当たり前です。爪と同じで、絶えず伸びているのです。それが、クチバシで殻をむくなどして擦りあわせることで、適度に整形されるわけです。
逆に言えば、クチバシの上下をすり合わせる機会が減った場合、特に上クチバシの両サイドが牙状に伸びてしまいます。殻をむいたエサやペレットを主食とした場合、起こりがちな現象ですが、通常、ある程度伸びれば、自然に欠けて元通りになります。
もちろん、伸び続けてエサが食べにくくなれば、誰かが切って整形するしかないでしょうね。





つがいの文鳥について
投稿者: 83 投稿日:2015/05/20(Wed) 21:33 No.13086

はじめまして。


お知恵を拝借できればと思い投稿させていただきます。

数ヶ月前より、メス5歳、オス3歳のつがいをお譲りして飼育しております。

孵化はしませんでしたが、産卵した経験があるとのことでした。


そんな二羽ですが、
最近メスがよくオスを突いています。
オスが餌を食べていると尾っぽを強く啄ばんだり…

オスは尾っぽを守るためか、餌を食べる際は餌入れの容器にすっぽり収まってしまうようになりました。

普段、休むときや寝るときは寄り添っているのですが…

どのように対処すればよろしいでしょうか。
オスが可哀想なことに加え、メスも何かストレスなどの原因があるのかもしれないと考えると、早くなんとかしなければと焦ってしまいます。

アドバイスなど、何卒よろしくお願い致します。




Re: つがいの文鳥について
ジャクボー - 2015/05/20(Wed) 22:10 No.13100
HomePage

ani-kakisaku.gif こんばんは。
お譲り頂いた、つまり環境の変化によって、少々ストレスを感じているのではないか?と思われているわけですね?確かにその可能性はありますが、むしろ、文鳥という生き物は「餌を食べていると尾っぽを強く啄ばんだり」するくらいは当たり前で、人間の夫婦でも、なんだかケンカしているようにしか他人からは見えなくとも、案外、当人同士は仲良くやっている認識の夫婦もあるように、文鳥夫婦でも、小突き合いばかりしていて仲良しのこともあるのです。
そもそも、お腹が減っている時に、旦那が食膳を抱え込んで独占していたら、蹴っ飛ばすくらいはしても不思議はないでしょう?「M男」(マゾの男)も存在するわけで・・・。
「休むときや寝るときは寄り添っている」ような仲の良い夫婦に、周囲が「早くなんとかしなければと焦って」も仕方がないかと思います。夫婦喧嘩は犬も食わない、というものでしょうね。

・・・どうしても心配なら、エサ入れを二ヶ所に設置すると良いかもしれません。





換羽と発情について
投稿者: あづま 投稿日:2015/05/13(Wed) 20:00 No.13029

こんにちは。
飼っているメスの文鳥が、生まれて初めての換羽の季節を迎えるのですが、一向に毛が抜ける気配がしません。
また、冬場の頃よりも発情しているようで、ずっと尾羽を振っています。
換羽や非発情期が始まるのは個体差があるとはいえ、少々心配です。
他の文鳥もこのようなことがあるのでしょうか。
また、この季節に特に気をつけなければならない、発情期への対応などはありますでしょうか。




Re: 換羽と発情について
ジャクボー - 2015/05/13(Wed) 21:55 No.13030
HomePage

ani-kakisaku.gif こんばんは。

季節の移り変わりを感じ取りやすい環境と、そうではない環境では、文鳥の換羽の仕方も変わってくると思います。
外気温の影響を受けやすい昔の建物で生活していると、春〜夏の換羽、秋〜春の繁殖が、はっきりとわかりやすかったものと思います。一方、マンションなど高気密住宅で、室内の寒暖差があまりなく、また、遮光カバーをして眠らせるなど自然の日長変化を感じにくい状態なら、環境は一年中さほど変化しないはずですから、季節感は無くなります。冬に換羽したり、真夏にも繁殖が続いたりするわけです。

季節により飼育上の注意点が変わるとか、エサの内容を変えるとか、はっきり言ってしまえば、古い発想で、現在では少々的はずれに思える方法論が多くなってしまうと、私は思っています。
季節を感じる環境、季節をあまり感じない環境、どちらが良いとも決められませんが、季節をあまり感じない環境で飼育しているなら、昔のスタンダードにこだわることは無いでしょうね。
季節、ではなく、自分の文鳥が発情しているか換羽なのか、その個別の状態に合わせて、いろいろ考えれば良いものと思います。




Re: 換羽と発情について
あづま - 2015/05/14(Thu) 21:21 No.13031

ジャクボー様

こんばんは。ご返信ありがとうございます。
ご指摘の通り、マンションで生活しており、遮光カバーを使って決まった時間に寝起きさせています。
冬は最低限の暖房しかつけていなかったので寒暖差や季節感は感じられていると思っていたのですが、文鳥にとってはそうではないのかもしれないですね。
今は腕に乗せるだけで発情してしまっています。産卵を恐れて文鳥をかまってあげないというのはこちらの身勝手で可哀相な気もするのですが、無駄に体力を消耗させないためにも様子を見ながら発情しないよう世話をしていきたいと思います。




Re: 換羽と発情について
ジャクボー - 2015/05/14(Thu) 22:26 No.13032
HomePage

ani-kakisaku.gif 飼い主に対して発情する=飼い主を伴侶と見なしている。発情を抑えるためそっけなくする=飼い主は「自分」を伴侶と見なしていない。と言うことなので、飼い主としてはジレンマを抱えることになります。
・・・よほど長らく放置しない限り、卵づまりで死んでしまうことは無いはずなのに、少々警戒心が強すぎる人が多いのではないか、と、産卵障害が直接の死因となったことがない私は、最近思っているのですが、結局、自己責任なので、なかなか他人には勧められないところです。




Re: 換羽と発情について
あづま - 2015/05/19(Tue) 21:06 No.13034

ジャクボー様

初めての文鳥なので、都度ネットで調べつつ飼っているのですが、メスの文鳥と調べれば卵詰まりのことが沢山出てくるので、特に慎重になります。
とは言え、どんなに離しても健気に寄ってくる文鳥を無視し続けるのは辛いですね。

ちなみに、昨日と今日で卵を一つずつ産んでしまいました。
気温の面で言えば冬の産卵よりは安心しておりますが、注意して見守ります。





低体温症
投稿者: ユキ 投稿日:2015/05/12(Tue) 15:33 No.13024

はじめましてm(__)m

1歳4ヶ月 

近くの病院で診ていただいたんですが低体温症といわれました。

症状は爪が黒く(爪の先は普通です)指の付け根が腫れています。

脚全体の色が赤紫っぽく見えてます。

液体の飲み薬をもらったんですがかなり苦手なようで飲んでくれません。

好きなエサに混ぜてもだめでした。

飲まないよりましかなと水を増やして混ぜてもだめでした。

有効な治療法はそれしかないといわれて

飲まなければ様子を見るしかないといわれました。

ほっとくしかないのでしょうか?

有効なサプリメントや食べ物などないのでしょうか?

よろしくお願いいたしますm(__)m




Re: 低体温症
ユキ - 2015/05/12(Tue) 15:55 No.13025

先生がたぶん低体温症だと思うとおっしゃってるので

ひょっとすると低体温症じゃないかもしれません。

どうすればいいか困っています><




Re: 低体温症
ジャクボー - 2015/05/12(Tue) 15:56 No.13026
HomePage

ani-kakisaku.gif 低体温症?人間は病気になると発熱することが多いですが、文鳥などの小鳥は、重篤になると体温が下がって「冬眠」のようになり、基礎体温は健常の文鳥より低い飼い主が触っても、冷たく感じるようになります。しかし、それを低体温症と表現するまともな獣医さんはいないような気がします。
「症状は爪が黒く(爪の先は普通です)指の付け根が腫れ」ている症状から、凍傷を連想したのでしょうか?面白い獣医さんですが、私は関わりたくないですね。

特に手乗り文鳥でその症状が起きれば、締め付けられてうっ血している可能性を、まず第一に考えるのが普通かと思います。化学繊維などの透明で細いものが脚や指にきつく巻きついて血流を止めてしまっている、といった事故です。
まずは、目を皿のようにして、何か巻きついていないか、直ちに早急に今すぐに確認し、巻きついているようなら、ハサミその他で慎重に取り除きたいところです。

それすら難しい場合、また、そういった繊維は見当たらない場合、小鳥をしっかり診ることができる獣医さんを探して、可及的速やかに診てもらうべきでしょう。
とりあえず、エサなどどうでも良いです。うっ血の場合、とにかく早くしないと、片脚を失うことになってしまいます。早く早く、です。


いくら近くても、ヤブ医者は有害なだけで、行かないほうがマシです。小鳥の診療には専門性や経験が必要ですから、通院するなら、病院をしっかり事前に調べるようにしたいところです。




Re: 低体温症
ユキ - 2015/05/12(Tue) 16:17 No.13027

今すぐ確認して何もなければ病院を探します。
有難うございましたm(__)m





中止卵の可能性
投稿者: おたま 投稿日:2015/05/11(Mon) 21:12 No.13022

こんばんは。以前、産卵についてや、里親募集掲示板ではご縁あって我が家の家族一員になった文鳥、その結果子雛が生まれ引継ぎ日をいつにしたら良いか等で掲示板でお世話になった者です。その節は色々どうもありがとうございました。
我が家で孵化した文鳥は3羽です。そのうち1羽は知合いのお宅でのびのびすくすくと育っています。そのお宅のご兄弟家族でも文鳥に魅了されてしまったようで、ぜひ育てたいとの事で我が家のペアで1羽を孵化できたら素敵だねという事になりました。
というわけで計画的に繁殖となったわけなのですが、二ヶ月ほど前に挑戦してみましたが、タイミングが悪かったのか、抱卵を途中で止めてしまい中止卵になりました。
リベンジということで今回なのですが、、、。
4/13産卵開始〜4/22で8個、4/24の時点で9個産卵していました。(いつもは6個位なので多いです。)
4/26に検卵し、1個は有精卵を確認できたので、それだけを戻し他は偽卵に替えました。5/9の検卵時は黒々パンパンのような感じで卵の成長は順調そうでした。
そして、今日は5/11。夕方でも孵化はしていませんでした。卵を見る限りは今にも孵化しそうな黒々した感じなのですが、

・中止卵の可能性の方が高いのでしょうか?

気をつけたつもりでしたが覗き見が多すぎたのか途中で抱卵の期間が空きすぎてしまったのか、検卵の時は放鳥し親鳥が他の部屋へ行っている時で検卵を見られないようにしていたのですが。




Re: 中止卵の可能性
ジャクボー - 2015/05/11(Mon) 21:55 No.13023
HomePage

ani-kakisaku.gif こんばんは。
「黒々パンパン」とはどういった状態なのかわからないのですが、日数で考えれば中止卵と考えるのが自然でしょうね。22日に抱卵を始めたとすれば、孵化予定日は今月8日、3日の誤差は考えにくいように思います。
放鳥時の留守に検卵しているなら、のぞかれたことによる巣離れではないでしょうね。繁殖経験がないペアなら、卵の中が成長してその気配が抱卵の際に伝わるのが不気味なのか、孵化直前で抱卵をやめてしまうケースがありますが、繁殖経験がある場合、該当しないかと思います。また、弥富系の白文鳥同士がペアとなっている場合、およそ25パーセントの確率で中止卵となってしまうので、白文鳥の夫婦なら、それかもしれません。
もちろん、特に理由はなくとも、先天的な何らかの理由で、中止卵となってしまうこともあるはずです。

・・・経験的には、期待しすぎるとうまくいかないことが多いので、「なるようになれ。ケセラセラ〜」を心がけることにしています。




Re: 中止卵の可能性
おたま - 2015/05/12(Tue) 21:17 No.13028

詳しい説明をどうもありがとうございました。
ひょっとしたらまだ期待が持てるかもと思いましたが残念な結果のようですね。
繁殖経験がないペア、先天的な何らかの理由、期待しすぎる、に該当しました。
今回は桜文鳥同士のペアです。初めてヒナが誕生した時はこちら意図せずのまさかのサプライズでした。当時は放鳥時にもケンカばかりしていたので、まだ同居しておらず油断しておりまして、実はこっそりひっそり着実にメス文鳥が育てていたのです。
若干換羽の兆候もあるので、次回は夏過ぎからかなと思います。黒々パンパンは、今にも産まれそう!という私だけの感想です。期待をしていただけにがっくしと肩を落としておりますが、ケセラセラ、でいきたいと思います。
ありがとうございました。





老鳥のくちばしに何かできものが・・・
投稿者: すけきよ 投稿日:2015/05/11(Mon) 14:38 No.13019

10歳の白文鳥ですが、最近くちばしの片側の根本に茶色く丸いカサブタのようなものができました。文鳥自体は元気なのですが、なにか腫瘍なのではないかと心配です。だいぶ目立つ大きさなのですが、病院に連れて行った方がいいでしょうか。というのもとても医者を怖がりまして、かつて医者に握られただけで癲癇を起こしたことがあります。老鳥なうえに現在トヤの真っ最中なので、身体が持つかが気がかりです。何かアドバイスをいただけたら幸いです。




Re: 老鳥のくちばしに何かできものが・・・
ジャクボー - 2015/05/11(Mon) 15:08 No.13020
HomePage

ani-kakisaku.gif 人それぞれの考え方によって違って当然ですが、私なら、それが悪性腫瘍で、将来的に顔が変形するほどの状態になることを、予想したとしても、動物病院には行かないと思います。文鳥も、おそらく人間も、年をとるほど変化を望まなくなり、新しい事態への対応も難しくなるものかと思います。一方で、新陳代謝は緩慢になりますから、病気の進行も遅くなることが多いはずで、後から考えれば悪化の一途だったとしても、時間は緩やかに経過するものと思います。
獣医さんに診てもらうのは、もちろん良い選択肢ですが、そればかりではないので、いずれにせよ最悪なケースが起きてしまった場合、いずれの後悔が少ないか(多少でも納得できる選択はどれか)、ゆっくり考えたいですね。




Re: 老鳥のくちばしに何かできものが・・・
すけきよ - 2015/05/11(Mon) 17:44 No.13021

返信有り難うございます。いずれの選択が後悔が少ないか、よく考えてみます。有り難うございました。





生後1ヶ月のヒナの体重が15g
投稿者: ぴーちゃん 投稿日:2015/05/08(Fri) 16:04 No.13011

はじめまして。
先日、母が生後1ヶ月弱のシルバー文鳥をお迎えしました。
翌朝の挿し餌前に体重を量ると15gと元気な雛とは思えない重さでした。
購入したペットショップでは「そろそろ挿し餌は3回でいいです」とだけ言われ、あわ玉ミックスとネオフードを混ぜ、ふやかして与える方法を教えてもらいました。
最初は言われたとおり3回だけあげていたのですが、5日経っても15g以上を保てないので4回に増やしています。
室温は30℃を保つように設定し、湿度にも気を付けてプラケースに入れています。
ヒナは撒き餌を啄んだり、エサ入れからも食べていますし水も飲んでいます。
挿し餌時には飛んだりもしています。
挿し餌は4口くらい食べたり、飛ぼうとして暴れたり、少し食べて口を開けなかったりいろいろです。挿し餌後、羽根に頭をうずめて寝始めます。この状態で寝ている時間が長いです。あと、片目だけ瞑っていることも多いです。
フンは太く少し水っぽいです。
一見元気なように見えるのですが、どうしても体重が気になり心配なので、挿し餌時以外は放鳥していません。

どうしても助けたいです。
してあげられることがあれば教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。




Re: 生後1ヶ月のヒナの体重が15g
ジャクボー - 2015/05/08(Fri) 18:51 No.13012
HomePage

ani-kakisaku.gif こんばんは。
『文鳥と暮らすための本』というこのサイトのコーナーなどでも、散々に書いているのですが、成長に伴って給餌回数を減らす、という方法論は不自然です。回数を増やしたほうが良いくらいですが、私は、ずっと同じ回数を与える方法で、歴代々ずっと育てています。
ペットショップなど、文鳥飼育に関してまともな方が少ないと思った方が正解でしょうね。種々扱って展示しているので(生涯にわたって飼育しているわけではない)、個別種に対する知識など、通常は、期待できません。

それはともかく、15グラムは、給餌回数以前に、何らかの病気でなければ有り得ない数値、と考えたほうが良いです。つまり、可能なら、文鳥の治療を得意とする獣医さんに、可及的速やかに診てもらうのが、第一かと思います。
それが無理な場合、健常なら、羽毛が生え揃い、飛び回り、食べ方を学習する時期なので(「撒き餌」は無意味だと思う)、給餌以外はおとなの文鳥と同じように生活させるべき段階にあることを理解して、そうなるように体力を付けないといけないと思います。
まず食事、「あわ玉ミックスとネオフード」を混ぜる場合、ペレットはパウダーフード同様の位置づけになるので、2割が限度、それ以上混ぜると食滞で消化不良となる可能性が高まるかと思います。普通のエサをついばみ始めたのならなおさらに、ネオフード=ペレットの比率は極小で良いでしょう。逆に、病気の可能性が高ければ、撒き餌もペレットのみ、給餌もネオフードをふやかしたもののみ、の方が無難かと思います(本当はパウダーフードの方が良いです)。
運動は、考え次第ですが、私なら、当然のように室内放鳥して遊ばせ、給餌間隔を狭めて少し出して遊んで食べさせ返す、を繰り返すろ思います。無理をさせず、適度に運動させ、たくさん食べてもらおう、といった考え方を選択するわけです。差し餌=遊び、で良いでしょう。




Re: 生後1ヶ月のヒナの体重が15g
ぴーちゃん - 2015/05/08(Fri) 20:08 No.13013

ジャクボーさん
ありがとうございます。
今日、母が購入先のペットショップで聞いてみたところ「そろそろ挿し餌を2回にして成鳥用のシードを食べさせて下さいね」なんてことを言われたそうです。
大手ペットショップの小鳥担当の方です…。
専門家だと信じ込んでいる母は、言うとおりにやってみると言っていました。
ジャクボーさんに教えていただいた方法をもう一度、強く提案してみたいと思います。本当にありがとうございました。




Re: 生後1ヶ月のヒナの体重が15g
ジャクボー - 2015/05/08(Fri) 21:07 No.13014
HomePage

ani-kakisaku.gif お店で小鳥を売る専門家が、家庭で文鳥と一緒に暮らす専門家、である方が珍しいでしょうね。まして、「大手ペットショップの小鳥担当」など、アルバイト店員かもしれず、小売販売向けの薄っぺらな飼育マニュアルが頭に入っていれば、上出来、といった程度のものでしょう。それが現実です。
成長に伴って差し餌回数を減らす、という説は、昔から存在し信じて実践している人も多いですが、一羽飼育を前提としていないため、ひとりエサへの移行の遅れなど、逆効果が現実に頻繁に起きています。そういった実際を聞く機会の多い「専門家」は、困ったものだと苦虫を噛み潰しているところです(なお、肩書きに弱ければ、参考意見を書いている1999年から続くこのサイトの管理人は、文鳥専門店の店主で15代も家庭繁殖している人です)。

体重が15gしかないのに、差し餌回数を減らすなど、「気は確かか?」のレベルでしょう。まず食べさせることを考える、食べているのに体重が増えないなら、未消化になる原因を考える、それが常識かと思います。
消化の良いものを、無理せず、たくさん食べさせる。とにかく、そのペットショップの流儀でも死なずに済む体力をつけさせるのが先決です。無事に20gを超えるようになったら、多少バカな真似をしても大丈夫かと思います。今が、大切、重篤危急の時で、回数がどうのこうのと悠長なことは言っていられないはずです(小学校1年生の平均体重は25kgくらいですが、15kgの子がいたら、どうでしょう?)。




Re: 生後1ヶ月のヒナの体重が15g
ぴーちゃん - 2015/05/10(Sun) 21:54 No.13016

ジャクボー様

せっかくアドバイスをいただいたのですが、残念ながら今日亡くなってしまいました。お迎えして6日間の命でした。
小さいのに飛び回り、ブランコにも乗れていた、かわいい子でした。

今回のようなペットショップが多い中、こちらのサイトのおかげで救われている文鳥たちがたくさんいると思います。

私ももっと早く疑問に思っていれば助けられた命だったのではと後悔ばかりですが、教えていただいたことはこれからに役立てたいと思います。
本当にありがとうございました。




Re: 生後1ヶ月のヒナの体重が15g
ジャクボー - 2015/05/11(Mon) 13:53 No.13018
HomePage

ani-kakisaku.gif そうですか、まずはご冥福をお祈りします。

普通に考えれば、ペットショップの段階で、何らかの病気を発症して、慢性的な下痢症状を起こしていて、そのため体重が危険レベルを推移し、通常の運動に耐えられる体力を持ち合わせなかったため、衰弱してしまった、といった類推になるかと思います。
いろいろありますが、生後3週間を過ぎたヒナの体重は、成鳥と同じくらいあるのが当たり前で、平均体重が25gくらいとすれば、20gを下回れば異常、と考えたいところです。まして15gともなれば、もはや瀕死の状態と理解すべきなのです。
瀕死状態に気づきもせず、その異常を見逃す程度の最低の見識しか持たず、知識と経験を補うため体重という客観的な数値も把握せず、何も知らない初心者に売ってしまう店など、最悪最低、と言われても仕方がないと思います。ただ、そうしたお店で売っているヒナが、すべて不健康とは限らないのも事実です。我々飼い主は、初心者であっても、お店まかせにせず、それなりに判断できるようにしたいですね。





[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33]
記事のbニ投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます。
(マウス操作で『削除』に切り替えられない時はキーボードの「↓」次に「Enter」)

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -