文鳥好きの談話室
※※禁止ワード「教えてください」※※

[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
URL
題  名
イメージ
  
コメント
※アイコンはHP『小鳥のお宿』さんの制作されたものです
投稿画像の数を変更できます→
修正キー (英数字で8文字以内。自分の記事を修正・削除できて便利です)
文字色
枠 色
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)

ずっと羽を膨らましている
投稿者: あやの 投稿日:2015/05/03(Sun) 10:26 No.13003

生後約9ヶ月ほどのクリームイノ文鳥が今日の朝からずっと羽を膨らましていてじっとしていました。
私の指の上に乗っても羽を膨らましてじっとしていますカーテンレールの上でもじっとしていて動きも鈍くいかにも元気がないように見えますこの症状は何かわかりますか?早く助けてあげたいのです
よろしくお願いします。




Re: ずっと羽を膨らましている
ジャクボー - 2015/05/03(Sun) 22:09 No.13004
HomePage

ani-kakisaku.gif 「調子が悪い」「病気の可能性大」の典型的な「症状」だと思います。
人間で考えるなら、熱が出て布団で寝ている状態、となるでしょうね。どういった病気なのかは、しっかりした病院で診てもらわないと、わからないです。





無題
投稿者: asa 投稿日:2015/04/30(Thu) 19:40 No.13000

こんにちは、文鳥の脚について質問させてください。
5歳になる雄の文鳥を飼っているのですが、2,3日前から右足を浮かせて立つようになりました。そちらの脚で頭を掻いたりふんばったりすることはできているので様子をみていたのですが、段々ひどくなっているように思えます。元気も食欲もあるのですが、立っていると明らかに右足に力が入らくなっていき、左足に体重をかけて立っています。こういった症状は何かの病気からくるものなんでしょうか。
外傷も変色も見当たらないので負担をかけてまで病院に行くか悩んでいます。よろしくお願いします。




Re: 無題
ジャクボー - 2015/04/30(Thu) 21:52 No.13001
HomePage

ani-kakisaku.gif こんばんは。
さまざまな病気の症状である可能性が有るでしょうし、それがどういったものか、医学の素人(飼い主)どころか玄人(獣医)でも、原因不明のことも珍しくないだろうと思います。
獣医さんに行かず様子見と判断した場合は、とりあえず、目に見えないような細い繊維が絡みついていないか、よくよく確認して、そうしたものがなければ、打ち身のたぐいで一過性で回復することを祈るしかないかと思います。




Re: 無題
mune - 2015/05/02(Sat) 10:31 No.13002

こんにちは。
asaさんの文鳥さんの症状を拝見して、昨年の我が家の文鳥(当時1歳♀)の症状とよく似ていたので、参考になればと思いから投稿させていただきます。
その文鳥ですが、飼い主の指にとまって左足で頭を掻こうとしたところ、右足に力が入らずによろけて手から落ちました。
そのときは「文鳥でも足がしびれることでもあるんだろうな」ぐらいに思って1週間ほど様子を見ていましたが、改善する様子もなく(それ以外はいたって元気なのですが)、獣医さんに診ていただきました。
触診の結果、「骨や関節に異常はないが、右足の神経が傷んでいるらしい」とのことで、神経を修復するためのビタミンB12配合のシロップ状の薬を処方されました。また足が滑りにくい止まり木に替えるといいというアドバイスをいただきました。
原因は獣医さんにも「わからない」とのことでしたが、そのシロップを毎日1滴ずつ飲ませていたら、1週間ほどで左足で頭を掻けるまでに改善し、飲み終わった4週間後にはすっかり良くなりました。お蔭様で現在も再発はしていません。
(上記はあくまでも個人(鳥)の体験談です)
また止まり木は、「文鳥屋」さんから溝が彫ってある太めの止まり木を購入しました。足に力が入らなかったときには右足も滑りにくくなって、購入して本当に良かったと思っています。
asaさんの文鳥さんの足が良くなりますように。
長文失礼しました。





幼鳥のバードバスについて
投稿者: 投稿日:2015/04/26(Sun) 17:59 No.12997
04saku.gif 初めまして、こんにちは。
ちょうど生後2ヶ月になった桜文鳥を飼っています。
今日初めて外付けバードバスを取り付けてみたのですが、怖がる様子もなくわずか10分ほどで慣れてお風呂をしてくれるようになりました。

バードバスを付ける前は、いつも放鳥している時間(夕方)に台所で人間の手の中で水浴びをしていました。
本当は暖かい朝や昼にさせたいと思っていたのでバードバスを付けたのですが…
幼鳥って、バードバスを付けたままにして大丈夫なんでしょうか?
日中は家に誰もいないので、もし溺れたり体が冷えたりしたら…と考えてしまいます。
私は沖縄住みで昼の気温は大体25度前後です。
前にどこかで、バードバスで溺れて死んでしまったというのを聞いたことがあるのですが、文鳥ってバードバスで溺れることもあるのですか?

どうかよろしくお願いします。




Re: 幼鳥のバードバスについて
ジャクボー - 2015/04/26(Sun) 21:56 No.12998
HomePage

ani-kakisaku.gif こんばんは。

「大丈夫」でしょうね。当然、100パーセントの安全はありえませんが、水深30センチの幼児用プールでは、普通、溺死は考えられないのと、同じようなものかと思います。
「前にどこかで、バードバスで溺れて死んでしまったというのを聞いたことがある」、私は聞いたことがないですが、心臓発作などを起こして動き回った先がたまたまバードバスで、その中で亡くなっていたのを後で発見した飼い主が、溺死したと安易な推定をしたのではないかと、私なら推測します。

基本的には、設置したままで無問題。メスが巣の代わりに利用するようなことがあれば、設置時間を限定する、それくらいではないかと思います。




Re: 幼鳥のバードバスについて
- 2015/04/27(Mon) 20:41 No.12999

04saku.gif ジャクボー様、返信ありがとうございます。
今日バードバスを一日中付けっぱなしにしてみましたが、帰宅して見てみると水浴びした跡が残っていたので、ちゃんと水浴びしたんだなぁと安心しました。





どうしたらいいでしょう?
投稿者: asako 投稿日:2015/04/22(Wed) 17:19 No.12993

突然の出来事で、多少混乱しておりますが、お知恵を拝借できませんか?
我が家の文鳥カップルは今朝まで子育てにせっせと励んでおりました。
ところが夕方帰宅すると、なんとかごの中で母文鳥が冷たくなっておりました。
育雛疲れだったのかどうか死因は全くわかりません。
今、父文鳥はつぼ巣に入ることなく、5羽の雛を外から見守っているだけの状態です。
この場合、私にできることは何かあるのでしょうか?
ちなみに雛たちは生後1週間といったところです。
どうかよろしくお願いします。




Re: どうしたらいいでしょう?
seri - 2015/04/22(Wed) 18:37 No.12994

母文鳥、お気の毒でした。
僅かですが、以下のような事を書き込ませて頂きます。
今からすぐにでも必要と考えられるのは、保温と給餌の事でしょうか。
小さい生後1週間の雛に育て親セットが使えるかどうか、使えればそれに越した事はないのですが、無理な場合の方法として、
十姉妹や錦華鳥などのもっと小さな鳥を手乗りにする時、
給餌の道具として爪楊枝などでお手製の小さなヘラやスプーンを作るようです。
色々な選択肢があると思われます、asakoさまの納得出来るものを。




Re: どうしたらいいでしょう?
ジャクボー - 2015/04/22(Wed) 21:47 No.12995
HomePage

ani-kakisaku.gif そうですか、まずはご冥福をお祈りします。

父文鳥が1羽でヒナを育てる可能性は、ほとんど無いので、「seri」さんが仰っているように、ヒナの生命を救うためには、飼い主が引き継いで育てる以外にないと思います。
孵化1週間を過ぎていれば、普通の手乗りヒナの育て方と同じで大丈夫だと思います。給餌器も使えると思います。口が小さくて使えない場合は、爪楊枝ではおそらく小さすぎるので、耳かきを利用するのが簡単かと思います。
給餌時間は、日中でなければいけないわけではないので、昼夜を逆転させるなど、飼い主の生活に合わせつつ、不規則にならないように時間割を決めて行うと良いかと思います。大変ですが、1ヶ月、頑張っていただければと思います。




Re: どうしたらいいでしょう?
asako - 2015/04/22(Wed) 22:31 No.12996

早速のお返事、ありがとうございます。
父文鳥はその後、つぼ巣に入って雛にえさを与え始めました。先ほど確認しましたが、そのうにえさも入っており、まずは一安心といったところです。
ただ、父文鳥1羽で5羽の雛を育て上げるのはほぼ不可能かと思われますので、明日の朝にでもこちらで引き取って給餌を開始したいと思います。
ちょうど月末から引き取るつもりで、ゴールデンウィークは挿し餌三昧と思っていましたので、予定が1週間早まったと思って亡くなった母文鳥のためにもがんばります。
無事に育ちましたらまたご報告させていただきます。





私の手を怖がります
投稿者: 彩佳 投稿日:2015/04/19(Sun) 23:43 No.12990

すみません、大変初歩的なことですがお知恵を貸して頂けないでしょうか。
数日前、ペットショップから一人餌になったばかりの子を引き取りました。生後2ヶ月くらいです。
ペットショップでは、挿し餌で育てられていましたので手を差し出したら店員のお姉さんの手に大人しく乗っていました。
こちらに連れてきたところ、最初は怯えているのか小屋の中でもずっとじっとしていて動かず、しばらくしたら餌や水も食べていたので安心しましたが、私が餌を変えるときなど手を入れると怖がってパニック状態になってしまいます。
放鳥してもまだ小屋への戻り方も分からないのか疲れると外でずっとじっとしていたりするので、小屋に戻そうとすると逃げ回り苦戦します。(怖がらせるのはよくないと分かっているのですが…)

いずれは手乗りになって欲しいと思っていますが、今はまだ環境の変化に戸惑っているようなのであまり放鳥などしないほうがいいでしょうか?手を怖がらせないようにしたほうがいいことはありますか?
また、放鳥した際に小屋に戻ってくれない場合は、部屋を暗くして手に乗せれば、手に怯えることはないでしょうか?
いろいろネットでも情報収集しているのですがやはり不安になってしまい…
アドバイスなどいただけますと幸いです。




Re: 私の手を怖がります
ジャクボー - 2015/04/20(Mon) 10:17 No.12991
HomePage

ani-kakisaku.gif 説明を聞いて状況を論理的に考えられる動物は、人間しかいないので、その他は、環境の変化を嫌いますし、新しい環境に慣れるのに時間がかかります。人間にしても、何らかの強大な力で、宇宙の果ての星に突然連れ去られたら、それもそうされたことを説明もされなければ、訳が分からず戸惑ってしまうはずです。
ペットショップから連れてきた文鳥は、その環境に慣れていたわけですから、それと違ったことはすべて怖がって当然なのです。特に繊細なタイプなら、萎縮して動けなくなるものです。「小屋の中」と言っても、その小屋が違うわけです。真新しい家があって、そこが「あんたの家だ!」と突然言われても、間取りも家具の配置も家電やガスの使い方も違えば、困ってしまうはずです。そう考えれば、文鳥の気持ちもわかる気がするかと思います。
今まで、エサ替えで「小屋」に手が入り込んでくるのを経験していなければ、パニックになるのは当たり前でしょう?となれば、ゆっくりなだめながらそれを繰り返して慣れてもらうか、エサの交換のタイミング(放鳥時に替える)や、やり方を変え(カゴに手を突っ込まずに済むものにする)れば良いはずです。

「あまり放鳥などしな」ければ、その環境に慣れてしまうだけです。慣れてしまえば、飼い主側の都合で習慣を変えれば、戸惑うことになってしまいます。
今後長らく続ける飼育習慣には、それに慣れてもらうようにする、怖がる場合は、無理せずゆっくり慣れてもらう、それから、何かする時は、やさしく話しかけながらにする、そういった心がけが必要かと思います。

「部屋を暗くして手に乗」れるほど、夜目は効かないでしょう?部屋を暗くするのは、一瞬の変化に戸惑わせて、<捕獲>するためです。サッと捕まえて、やさしく撫ぜながらカゴに戻すなら、文鳥もあまり怖がらなくなるかと思います。
あわてず、ゆっくりゆっくり、が肝要です。「何でわかってくれないの?」といった愛情のお仕着せにならないように注意したいですね。




Re: 私の手を怖がります
彩佳 - 2015/04/20(Mon) 16:18 No.12992

ご丁寧にありがとうございます。
心配性なもので、怯えているけど大丈夫かな?とかそのうち慣れてくれるかな?とか、様々なことに対して大丈夫かな?と短期間に多くのことを求めすぎてしまっていたかもしれません。飼い主が心配性だと文鳥も心配になりますよね・・・。
まずはゆっくり、ちゃんと毎日お世話をして、という当たり前のところから着実に行い、信頼してもらえるように努めようとおもいます。
ご助言ありがとうございました!





耳の穴周りの腫れ
投稿者: 抜け羽根に悩む飼育者 投稿日:2015/04/16(Thu) 22:51 No.12983

すみません、羽根が抜けるだけなのですが他の大変困っている方と比べると些細な悩みなのかもしれませんが、お暇がある方、読んで下さい。

4月の末で6歳になりますが
春になると耳の周りが腫れて首回りから耳周りの羽根が抜けて
耳の穴がつぶれます。
耳の周りは乾燥しているような見た目で、ガサガサしてます。
夏の終わりから冬にかけては、耳周りの腫れも消え後頭部以外は生えてきます。
こちらのサイトで”ワクモ”も疑いましたが、吸血されてそうなっているのかよく分かりません。夜中にも痒いのか、かいてます。(羽づくろいかも知れません)
ワクモを疑い始めて良く鳥かごを洗ってますが、夜何かから逃げるような暴れ方は時々します。
飼育者の間違った考えで、皿巣を年がら年中入れてますが週に一度熱湯消毒も始めました。

昨年、夜寝れないのか、疲れがたまっているような様子が気になり
小鳥の専門病院にも受診しましたが、栄養剤、ビタミン。
を頂くばかりでした。
こちらからも、先生にダニではないんですか?
と聞いたのですが、ダニではないと言われました。

どちらさまか、こんな症状が出た方がいらっしゃったら、お返事頂けるとありがたいです。




Re: 耳の穴周りの腫れ
ジャクボー - 2015/04/17(Fri) 13:18 No.12984
HomePage

ani-kakisaku.gif そういった症状の文鳥を、我が家で見かけたことはありませんが、書かれている内容で思い浮かぶ病名は、<疥癬(かいせん)>です。しかし、「小鳥の専門病院」の獣医さんが、「ダニではない」、と言うのなら、トリヒゼンダニによる疥癬症とは見なせないでしょうね。
ところで、その「小鳥の専門病院」では、どういった診断だったのでしょうか?何だかわからず、推定も出来ないので、とりあえず「栄養剤、ビタミン」を処方するだけでは、専門性が疑われてしまうかと思います。つまり、専門の看板を掲げた病院ではなく、実際に小鳥の臨床経験が豊富な獣医さんを、なんとか探して診てもらうのが、一番ではないかと思います。

ワクモは吸血しますが(これも経験なしなので知識だけです)、そういった症状はないと思います。夜間に吸血し、明るくなると、ツボ巣のワラとか止まり木や周囲の家具の木材の隙間などに移動するようです。つまり、これを疑う場合は、止まり木と鳥カゴそのものと周囲の消毒が必要になるかと思います。ただ、普通の家の中に置かれた鳥カゴにワクモが発生する可能性は低いでしょうね。あれは、屋外の禽舎や庭箱、基本的に風通しの悪い飼育環境で発生するものなのです。
皿巣の「週に一度熱湯消毒」はオススメ出来ません。ワラ製のツボ巣は乾きにくいので、半乾き状態でかえって害虫や病原菌が繁殖しやすくなりがちで、しかも、形状が歪んで脚を取られやすくもなってしまうからです。消毒目的なら、汚れを拭き取って日光干ししたほうが良いでしょうね。人間の布団も、日光干しはしても、丸洗いする機会は少ないはずで、それと同じことと考えて良いかと思います。




Re: 耳の穴周りの腫れ
抜け羽根に悩む飼育者 - 2015/04/17(Fri) 23:06 No.12985

お忙しいところ、お力添えありがとうございます。
「小鳥の専門病院」の診断結果ですが、そのう検査と糞の検査で、イースト菌が出ているとの事で、このイースト菌と悪い菌(メガバクテリアと言ったような?)が似ているので判断がつかないから、パンを食べさせずに次回受診してくれと言われ、再診の時には異常なし。
栄養が(ヨウ素と言われたと思います)足りないとの判断で
イソジン臭の香る飲み水に薄く入れる薬や、乾燥果物を磨り潰したような粉薬を飲み水に入れる栄養剤を数か月受け取りに行きました。
ダメな飼育者の筆頭にあがるほどの飼育者でした。

その先生にミールワームにドッグフードをあげれば栄養が鳥へ回るのであげて下さいと言われ、そうしたところ、ドッグフードの匂いが嫌らしく二度とミールワームを食べなくなりました。
先生にキャベツが良いと言われれば、キャベツを鳥かごへ入れて次回受診したら「キャベツはダメ。○○○の栄養素が悪さをする」
と言われて即、診察室のゴミ箱へ捨てられました。(ここは信用できない)と春から夏の終わりまで通院したのをやめました。

結局受診をやめてから、毎年のように秋口から初冬に首回りと耳周り羽根は生えてきました。
後頭部は、わが家へ来てから半年で抜け落ち、以上生えてくる気配はありません。

少し動物病院の批判めいた文章になりましたが、こんな事もあったというのを多くの方に知って頂いたら、何かしらの力になれたらなと思いまして打ってみました。

皿巣の熱湯消毒のご指摘、ありがとうございます。
日光干しにします。

ワクモの知識もありがとうございます。
5年も様子を見てますが毎年の事で”こういう先天的なもの”を持って生まれたのかと、半ば諦めていましたが、遠くでも良い獣医様がおられれば受診するのですが…




Re: 耳の穴周りの腫れ
ジャクボー - 2015/04/18(Sat) 10:26 No.12986
HomePage

ani-kakisaku.gif ミルワームは、文鳥には不要ですね。雑食性があるので食べますが、穀物食の要素が日本のスズメより強いようで、生涯、昆虫類を食べなくとも問題ありません(江戸時代からそれで繁殖しているのです)。つまり、与えるのは、必要性ではなく「飼い主の趣味」となるかと思います。
キャベツについては、ゴイトロゲンが甲状腺障害を引き起こすとか、シュウ酸が強いとか、非科学的(科学的な情報を部分的に抜き取ってしまう)な思い込みだけで、変な主張を繰り返していた鳥専門性大な獣医さんがいましたが(臨床医は栄養学者でないのは当たり前で、一般常識に欠けていても何ら不思議はない)、ほぼ、無毒と考えて良いかと思います(それだけ毎日食べさせていたら毒だとは思う)。ただ、ビタミンAは少ないので、文鳥の副食としては、小松菜などのいわゆる「緑黄色野菜」が妥当だと思います。
ヨウ素不足による甲状腺障害については、散々、私は批判していますが、ごく一部の獣医さんの思い込みで、必要以上に摂取させられ、過剰による障害を起こしている疑いがあります。これも、専門外の知識が欠如している獣医さんが、ヨーロッパの内陸部で、セキセイインコなどの飼い鳥にヨウ素不足による甲状腺障害が起きていた事実を、周囲をヨウ素の塊のような海に囲まれ、土壌にもヨウ素が染み付いているような日本に、安易に当てはめて思い込みを激しくした結果ではないかと思います。

それはともかく、かゆそうなのが飼い主の思い込みで、皮膚のガサガサが冬季の湿度不足の結果に過ぎないとしたら、先天的な何らかの要因、大きく見れば代謝の異常により、ハゲてしまうことはあると思います。我が家にもそういった文鳥(名前はケコ)がいて、ブログで「ケコンドル」と呼んで、人気を集めておりました。
先天的なものの場合、改善は難しいと思うので、その状況で問題が置きにくい環境にして、病気と上手に付き合っていくしかないでしょうね。温度、湿度に、普通の文鳥以上に留意する、とりあえずそれくらいかと思います。




Re: 耳の穴周りの腫れ
抜け羽根に悩む飼育者 - 2015/04/18(Sat) 11:55 No.12987

また、お力添えをありがとうございます。
実は書き抜かっている事がありまして…
種類の似ている鳥なのでご質問させていただいたんですが、お叱りを受けるかと思いまして伏せておりました。
ご返信を頂いた中にある、野鳥”スズメ”なのです。
申し訳ありませんでした。
やはり食べ物のご指摘にある様に文鳥さんとは似て非なる飼育をしなければいけないようです。

大まかに先天的なものと、割り切って(信じるわけじゃないですが)
上手く付き合うようにします。

手乗り以上の家族になっているスズメです。
別れに向き合う心構えもこちらのサイトで、大変勉強になりました。
お蔭でペットロスにならない様になったかもしれません。
大多数の飼育者がきっとこのサイトを感謝していると思います。
こういう場をお作りいただいて、お力添えまでしていただいて
ありがとうございます。




Re: 耳の穴周りの腫れ
ジャクボー - 2015/04/18(Sat) 13:18 No.12988
HomePage

ani-kakisaku.gif 日本のスズメは飼い鳥化していないので、飼育には困難があると思います。また、個人的には、食用に捕獲までしている種類を飼育不可にする必然性はなく、法律の不備で、奇妙な「保護」がまかり通っているのは、おかしいと思っていますが(2009/10/6「捕って食うスズメを飼って愛せない不思議〜時代遅れの鳥獣保護法〜」)、野鳥を飼育すること自体に嫌悪感を抱く人も多いかもしれませんね(獣医さん含む)。

文鳥と雀は、似ているように感じる人も多いかと思いますが、実際はかなり異なると思います。違いは、やはりクチバシの形状に現れていて、より分厚い文鳥のクチバシは穀物を食べるのに適し、より尖ったスズメのクチバシは、昆虫類をつまみ出すのに適しています。
したがって、スズメの飼育については、やはりスズメの飼育(保護)経験の長い人たちの情報を参考にしたほうが良いでしょうね。ミルワームの肥育の仕方、無難な与え方、その他のエサ類の情報、探せばいろいろあるかと思います。
「抜け羽根に悩む飼育者」さんのスズメ君は、どのように保護したのかはわかりませんが(いろいろうるさい人が見ていると嫌なので、書き込み無用です)、その時点で何かしら健康上の問題を抱えていた可能性があるかもしれません。そういうことも、自然界には多いものと思います。
飼い鳥にせよ、野鳥にせよ、長年慣れ親しんだ環境での生活の継続が、その個体の幸福と言えますから、あまりいろいろ考えず、その子が暮らしやすいようにしていきたいですね。




Re: 耳の穴周りの腫れ
抜け羽根に悩む飼育者 - 2015/04/18(Sat) 23:34 No.12989

色々気遣っていただき、ありがとうございます。
病院へ連れていくのも飼い主が連行される恐れや、引きはがされ自然界へのお別れよりも、痒みやハゲをなんとかしてあげたい気持ちが勝り胸が裂ける思いで連れて行きました。
その他の事はご想像にお任せしたいと考えてます。


暖かいお気遣いに感謝いたします。

もし、シャクボーさんにご迷惑が掛かりそうであれば
ご迷惑が掛かりそうだと判断した記事は削除して下さい。
また文鳥さんを飼い始めた等、何かありましたらご連絡させていただくかもしれません。
ありがとうございました。





文鳥の病気についてご意見伺えますでしょうか
投稿者: ひよ子 投稿日:2015/04/15(Wed) 13:13 No.12979

 5週半の桜文鳥の雛です。一人餌は移行中です。今朝いつもの元気がなく挿餌の際飲み込み難そうにして舌を出したり首を振ったり脚で顔や喉を掻き毟ります。眠ってばかりで辛そうです。鳥も診られるという獣医さんに連れていきましたが、保定もできず鳥がおびえ暴れ飛び回り消耗してしまいました。抗生剤とビタミンの飲み薬を渡されました。現在
鳥かごからふごに移し暗くして温めています。一時間毎に出してビタミン剤を与え挿餌を少しずつ食べさせています。飲み込む時辛がりますが、、、。こんなんでいいのでしょうか?獣医さんもたよりにならず、飼育経験豊富なジャクボーさま、どうか助けると思ってご指導くださいませ。




Re: 文鳥の病気についてご意見伺えますでしょうか
ジャクボー - 2015/04/15(Wed) 18:39 No.12980
HomePage

ani-kakisaku.gif 「こんなんで」は、すぐに生命の危険に陥いると思います。
想像としては、市販の文鳥のヒナに多く見られるトリコモナスに感染していて、環境の変化や成長の段階的変化に伴って発症した、になるように思います。トリコモナスの場合、病巣が喉に出来やすく、飲み込むのを阻害してしまうことが多いようなのです。
ほかの病気の可能性も、当然ありますが、トリコモナスを想定し、しっかりと文鳥を診ることのできる獣医さんに、(多少遠くても)診てもらうのが最善かと思います。それが不可能な場合は、投薬による治癒は望めないので、十分に暖かくして、パウダーフードをお湯に溶かしたものなどを与えて看病するしかないと思います。




Re: 文鳥の病気についてご意見伺えますでしょうか
ひよ子 - 2015/04/15(Wed) 19:25 No.12981

 すみやかなご回答ありがとうございます。昨日まで元気で甘えていたのに可愛そうでなりません。午後からふらつてさらに弱ってしまいました。完全に一人餌になるまでふごに閉じ込めなかったから体力がつかなかったのかと悔いています。鳥屋さんで預かって下さるとのことで持ち込みパウダーフードを注入してもらってます。文鳥の事がわかる獣医さんを、ネットで探すしかありませんが探してみます。本当に何とか助けたいのですが、無知蒙昧のため苦しんでいます。また伺うかもしれません。何卒よろしくお願いいたします。




Re: 文鳥の病気についてご意見伺えますでしょうか
ジャクボー - 2015/04/15(Wed) 22:37 No.12982
HomePage

ani-kakisaku.gif 「完全に一人餌になるまでふごに閉じ込め」たら、むしろ虐待になってしまいます。飛ぶ=巣立ち、から、ひとりエサ=自立・親離れまでの期間は、親から食べたり飲んだり生き方を学習する期間ですから、閉じ込めてはいけないのです。閉じ込めて運動不足にしてしまったら、体力は身に付かないでしょうね。
「鳥屋」が購入先なら、そこが感染源と見なすのが妥当です。また、購入先以外なら、感染症のヒナを「預かって下さる」のは、問題があります。気をつけないと、自分のお店の小鳥に病気を蔓延させてしまうことになるからです。つまり、感染症についての認識が薄いと見なされてしまいかねない親切なのです。そのような危険を犯すより、それなりに信頼できる動物病院を紹介するのが、本当の親切だと、私は思います。

「無知蒙昧」は、私も含め皆そうですから、初めての事態に遭遇したら、手探りで乗り越えるしかないと思います。
文鳥のヒナの発病、特にトリコモナス感染は、さほど珍しいことではなく、類例はネット上にもあまた有り、このサイト上でも繰り返し繰り返し繰り返し指摘しているものです(獣医さん情報だってあるわけです)。つまり、情報はたくさんあるわけですから、あえて深呼吸して落ち着いて、自分に必要な知識を集め、最善の道を探っていただければと思います。無知蒙昧が問題なのでなく、あわててしまって、必要な情報を探せないのが問題なのだ、と自分に言い聞かせ、落ち着きたいところです。





換羽によるイライラ?
投稿者: ぴぴの母 投稿日:2015/04/10(Fri) 17:33 No.12974
04saku.gif 初めまして。
3月中旬に2月産まれの桜文鳥の雛(名前 ぴぴ)を飼い始めたぴぴの母と申します。
ぴぴは一人餌の状態になった頃に我が家に来ました。とても可愛く夫婦で可愛がっています。
最近、初めての換羽に入りましたが、怒りっぽくなったように思います。(正式には我が家に来たころから換羽が始まっていたかもしれません。家に来た時から肩からつんつんと新しい羽の筒が2本ずつすでに出ていました。)
ナデナデしたりご飯中にちょっと指を動かすと口を閉じてきゅるるると鳴いて、場合によっては嘴でつついてきます。顔近づける分には怒りません。
我が家に来て2週間くらいまではそんな風に怒らなかったので動揺しています。
文鳥は怒りっぽいことも承知ですが、これは換羽からのイライラが来ているのでしょうか。来た頃は怒らなかったので、換羽が終わったら少しは落ち着くのでしょうか。
また、だいたいいつ頃からパートナーを決めるのでしょうか。
質問ばかりで申し訳ございません。ご指導いただけますようお願い申し上げます。




Re: 換羽によるイライラ?
ジャクボー - 2015/04/10(Fri) 22:08 No.12976
HomePage

ani-kakisaku.gif こんばんは。
同じような悩みは、多くの人が経験しているものなので、情報を探せば、このサイトでもそれ以外でも、多くを学べると思います。
例えば、『文鳥団地の生活』式の年齢換算では、文鳥の生後1ヵ月が人間の9歳で、以後1ヶ月で1歳ずつ加算され、1年で20歳と見なしています。となれば、飼い主は、自分の人としての成長過程を思い出して、文鳥も同じ感じかな?と想像してみると、結構同じだったりします。
ヒナ換羽が男の子の声変わりなどの第二性徴の時期、恋愛となれば思春期で、中学生の最後から高校生頃、といった感じで、文鳥なら生後半年以降、ということになるでしょうね。
ヒナ換羽時は、羽が生え変わりむずがゆくイライラもするでしょうし、それが終われば思春期で、元気が有り余って反抗的にもなり、「噛みぐせ」(←重要キーワード)などと呼ばれ、多くの飼い主を悩ませる時期となります。換羽が終わってから、の方が問題で、落ち着くのは生後半年以上を経過してから、それもその間正しく接していた場合、となるでしょうね。




Re: 換羽によるイライラ?
ぴぴの母 - 2015/04/14(Tue) 16:52 No.12978

返信ありがとうございます。
ぴぴは人間の年齢で10歳〜11歳ぐらいですね。
そう思うとちょうど自我が芽生えたころかなと思うと今の状態も納得がいきます!
これから噛みぐせが待っていると思うと恐ろしいですが、
大切な我が子の成長と思って暖かく見守って行こうと思います。
ありがとうございました。





[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35]
記事のbニ投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます。
(マウス操作で『削除』に切り替えられない時はキーボードの「↓」次に「Enter」)

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -