文鳥好きの談話室
※※禁止ワード「教えてください」※※

[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
URL
題  名
イメージ
  
コメント
※アイコンはHP『小鳥のお宿』さんの制作されたものです
投稿画像の数を変更できます→
修正キー (英数字で8文字以内。自分の記事を修正・削除できて便利です)
文字色
枠 色
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)

【CM】 文鳥の飼育用品・グッズをお探しなら 文鳥飼育用品の店文鳥屋 
文鳥ヒナの販売形式について
投稿者: ごましお 投稿日:2016/01/28(Thu) 01:00 No.13354
ani-hirune.gif こんばんは。

文鳥のヒナとセキセイインコのヒナを同じケースで飼育し販売しているお店があったのですが、こういった状況は普通なのでしょうか。

お店は小さめで比較的小綺麗でしたが、異種で混同して飼育するペットショップも今まで見たことが無かったため、少し疑問に思っています。そんなに気にすることでもないのかも知れませんが。病気など貰わないのか少し心配です。ジャクボーさんの経験談をお聞きしたいです。宜しくお願い致します。




Re: 文鳥ヒナの販売形式について
ジャクボー - 2016/01/28(Thu) 10:08 No.13355
HomePage

ani-kakisaku.gif こんにちは。

それは、『文鳥学講座』という題名だおれのコーナーに、「ペット選ぶ前に買う店選べ!」と、一体いつのことだ?の大昔に書き散らしたくらいで、昔はそれが普通でした。
もちろん、そんな店は、ダメなわけです。異種のそれもヒナを一緒の容器に入れるなど、ダメダメで、ようするにその店主は、何も分かっていないことを示していると見なして良いでしょう。
生き物は、種類が異なれば問題になる病原菌も違いますから、インコでは平気でも、文鳥には重大な影響を与えてしまうことがあります。例えば、トリコモナスは、文鳥のヒナには致命的ですが、セキセイのヒナではそれほどではないはずで、逆にコクシジウムはセキセイの方が影響が大きいようです。もし、健康問題が現れにくい方に、キャリア(病原菌を持っている個体)がいても気づきませんが、同居させることで、異種の方に致死性の病気を蔓延させることになってしまいます。
そうした知識が多少でもあれば、混同など出来ないはずなのです。たくさんヒナがいたほうが、見栄えがして面白いのですが、購入する際はそれだけリスクが高まることを、強く認識すべきでしょうね。




Re: 文鳥ヒナの販売形式について
ごましお - 2016/01/28(Thu) 14:54 No.13356

ani-hirune.gif お返事有難うございます。文鳥学講座も拝見させて頂きました。

文鳥ヒナ1羽、インコヒナ2羽の小さな箱に入れられており、何だかちょっとかわいそうかなあと思っておりました。お迎えするならばそれだけのリスクに対応でき得る準備が此方には必要ですね。
お店側ももっと正しい知識の元で飼育してほしいと思わずにいられません。

有難うございました。





2羽飼いについて
投稿者: ブン 投稿日:2016/01/24(Sun) 22:02 No.13350
05kasiwa1.gif こんばんは。
いつも参考にさせていただいており、感謝いたします。
質問させてください。
生後120日の桜文鳥24g(おそらくメス)と生後45日の白文鳥29g(ぐぜっているのでオス?)を飼っています。
ケージは分けて飼育、放鳥時は目を離さず同時、もしくは片方ずつといった環境で飼育しております。
同時に放鳥する際は、お互い近づくと突き合いが始まるので一定の距離を保つようにこちらで注意しております。
どちらか一方がという事はなく、お互いにといった感じです。
質問なのですが、この場合は相性は良くないのでしょうか?
それとも、白文鳥が成長して若鳥になれば状況は変わる可能性はあるでしょうか?
せっかく2羽いるのだから、という思いも捨てきれずにおります。

それと寝方なのですが、桜は前を向いてブランコで寝ますが、白はブランコで背眠します。
背眠は具合の悪い時にやると聞きますし、健康な時にもやると聞きますので判断がつきません。
体重や糞は問題なく、病院での健康診断も問題ありませんでした。
温度だいたい26〜28度、湿度は50パーセントくらいをキープした部屋で飼っています。
この場合の桜と白の寝方の違いは問題ないでしょうか?
お返事よろしくお願い致します。




Re: 2羽飼いについて
ジャクボー - 2016/01/25(Mon) 09:30 No.13351
HomePage

ani-kakisaku.gif こんばんは。
一緒に遊んだり喧嘩している9歳と12歳の子供が、将来、夫婦になるかなんて、わかりませんよね?「変わる可能性」の方が、大きいのです。

どうすれば、仲の良い夫婦になる可能性を高められるでしょうか?私は、えてして飼い主が、両者の仲を遠ざけていると見ています。何しろ飼い主ときたら、自分が愛される一羽の文鳥に過ぎないことに気づかず、つまり三角関係の頂点である自覚なしに、余計な心配ばかりするものなのです。
「お互い近づくと突き合」うのが、文鳥という生き物です。嫌なら近づかず、逃げてしまえば良いので、飼い主としては、逃げられるスペースがある時だけ、一緒にすれば良く、つまりは、カゴで同居させなければ良いだけです。飼い主を含め一緒に遊び(=同じ空間にいる)、やがて、飛べない飼い主より、もう一方の文鳥に興味を持ち始めるようになることを期待する、べきでしょうね。その機会を与えず、一羽ずつ出して飼い主が仲良くしていれば、残された一羽は嫉妬して、ライバルの文鳥を憎悪することになるだけになるかと思います。

「背眠は具合の悪い時にやる」は、嘘です。それこそが、ごく自然な睡眠姿勢なのですが、ぬくぬくと暖かい部屋にいる場合、そうする必要がないだけです。
人間は布団の中で眠るのが当たり前だとすれば、文鳥は自分が持っている羽毛布団に収まって眠る状態が背眠です。それが必要ないのは、暖かくて布団が必要ない環境、と言えます。夏で暑くて布団なんていらない状態と言って良いでしょうね。
風邪などで寒気を感じれば、布団を多くかけて眠ることになるように、十二分に暖かくてもずっと背眠をしているようなら、それは確かに異常です。しかし、暑すぎない環境で、習慣的に夜の就寝時にそうしている程度は、当たり前なのです。判断は、いつもと同じか否かでするもので、背眠そのものの有無は無関係なのです。
「26〜28度、湿度は50パーセント」という実に結構な環境なら、背眠する必要はありませんが、暑すぎるわけでもないので、その方が安心出来る文鳥は、背眠しても不思議ではないでしょうね。ようするに、その子の『寝相』と見なして良いかと思います。




Re: 2羽飼いについて
ブン - 2016/01/25(Mon) 11:34 No.13352

05kasiwa1.gif お返事ありがとうございます。

成る程、と思わず声に出してしまいました。


文鳥さん達にとっては私も1羽の文鳥なのですね。
確かに放鳥時も2羽が私の左右の肩に止まっていることが多いです。
そして、肩越しにキャルルとお互い威嚇しているのです。

威嚇していたら心配になり止めたりしていたのですが、むしろそれが2羽の関係を現状の威嚇し合う関係に留めておく結果になるとは思いませんでした。

仲良くなるかは、まだまだ子供の文鳥さん達なので、長い目で様子を見ながら放鳥時には怪我に気をつけて同時に遊ばせていきたいと思います。

寝方の件でもありがとうございます。
普段も背眠なので寝相、というのが1番しっくりきます。

これからも掲示板を拝見させていただき知恵やヒントをお借りできたらと思いますので、よろしくお願い致します!





長文失礼いたします。
投稿者: ごましお 投稿日:2016/01/24(Sun) 01:48 No.13348

この掲示板に昔お世話になった者です。
その当時はまだ幼鳥だった文鳥さんでしたが、つい先日亡くなってしまいました。8才でした。
もともと一年ほど前から脚力、飛ぶ力共に弱り、老化現象は起こっていましたが特に日常生活に支障を来すことなくいつも元気に過ごしていました。別荘の開拓にも余念が無く、歌も踊りも抜かりなかったです(オスでしたので)

亡くなる数日前は少し居眠りが多いかなと感じ始めるようになり、いつもより静かだったと家族は言っていました。

亡くなる前日、本当に突発的に片脚をうまく動かせなくなり止まり木に安定して止まれなくなっていました。本人もいつもより元気がなく、何故自分の脚は動かないのかと俯いて自分の脚を見ていました。
その夜は急遽カゴのレイアウトを変え、なんとか乗り切りました。この時点でも症状が進行し握力も弱まって来ていたはずですが、自力で餌箱に近付きご飯をぱくぱく食べていました。ですがこの時点で嘴の色は赤一色ではなく、仄かに白っぽく色が抜けているところが出てきており先が永くないかもしれないのは認識していました。

翌朝には両足が麻痺し思うように移動できなくなっていました。
その時点で手の中に文鳥を収め、ご飯をあげてみたり(結局は食べれませんでしたが)ずっと寄り添っていました。
その後も手の中で眠っていましたが確実に衰弱していき、手に取ってから2時間後、最期は呼吸困難に陥りそのまま逝ってしまいました。開口呼吸を始めたかな…と思ってから間もなく自発呼吸が出来なくなってしまった様で、亡くなる直前は手の中で力なくもがき、一瞬でした。

老鳥さんはこんなにも急速に衰弱し亡くなってしまうものなのでしょうか?脚が動かせなくなってから一日足らずです。
片脚から麻痺が始まり、それが急速に全身に広がっていき呼吸器系もうまく機能しなくなってしまった様に見受けられ 最期は短時間だが苦しかったんだろうなあと思うとやりきれません。
病気で、何日間か闘病していたという訳でもなく 今まで元気だったのに急に動けなくなり数時間で麻痺が全身に広がり逝ってしまうという亡くなり方は、やはり何らかの病気ではなく老衰から来るもので、彼の寿命だったのでしょうか…。ジャクボーさんのご意見お聞きしたいです。宜しくお願い致します。




Re: 長文失礼いたします。
ジャクボー - 2016/01/24(Sun) 21:37 No.13349
HomePage

ani-kakisaku.gif まずは、ご冥福をお祈りします。

人間と同じで、最期はいろいろで、高齢で寿命が尽きる場合も、やはりいろいろだと思います。
つまり、亡くなった原因を詮索しても、医学的な研究をするわけではない飼い主には、さほど意味はないと私は思っています。それでも、あえて詮索するなら、「数時間で麻痺が全身に広がり」とは、微妙に異なる印象を持ちます。
麻痺が起きた原因は、循環機能(心臓)が弱まったか、腫瘍などで神経が圧迫されたのでは?と考えます。そして、腹部などに異常が見られない場合は、心臓が衰弱し、血流が弱まり、末端から障害が起き、最終的には心臓発作で心停止といった推測になると思うのです。
亡くなってしまう最終的な場面は、「亡くなる直前は手の中で力なくもがき、一瞬」となることが多く、これは、心停止をした際の反応と、私は思っています。一瞬なので、文鳥自身に苦しい感覚は少ないのではないかと思います。もがくのは、体の反応なので、考えとしては、「息ができない困った、息苦しいなぁ」くらいだと思うのです。

高齢になれば、いろいろな臓器に支障が出てくるのは当然で、心臓に問題が起きることも多いはずです。つまり、老衰で寿命と見なすのが、自然な見方のように思います。




Re: 長文失礼いたします。
ごましお - 2016/01/26(Tue) 19:26 No.13353

お返事有難う御座います。

ジャクボーさんの仰る通りで循環機能が弱まったと考えるとその通りかも知れないと感じました。腹部などにも生前から異常は(素人目ですが)見付からなかったので、確かに老衰だったのでしょうね。朝までよく頑張ったと思います。あまり苦しまず旅立ってくれたのなら、せめてもの救いですm(__)m

一緒に過ごした7年間、文鳥さんには沢山幸せを貰いました。
また此処にお邪魔することもあるかと思います。その時は宜しくお願いいたします。





無題
投稿者: 平野 投稿日:2016/01/23(Sat) 21:17 No.13346

生後3ヶ月未満の白と桜文鳥を飼育しています
桜はオスで間違いないのですが白の性別は不明です
去年の12月に桜を購入し今月の4日に白を迎えました
最初仲良くしていた様子でしたが一方的に白を攻撃するようになりました
今は放鳥時に別々にしています

近々実家を出て住み込みで働くのですがゲージを2個持っていくことは流石に厳しいです どうにか仲良くさせる、もしくは攻撃を止めさせられないでしょうか




Re: 無題
ジャクボー - 2016/01/23(Sat) 21:54 No.13347
HomePage

ani-kakisaku.gif 『自分は飼い主で、2羽の文鳥を飼っている』これは客観的な事実ですが、それは人間の理屈に過ぎません。文鳥の視点に立てば、『3羽で生活している』です。飼い主も、仲間の1羽に過ぎないのです。
3羽なり3人の関係は、三角関係となることも多いです。兄弟姉妹で親の愛情を独占したがることもあるでしょうし、甚だしいのは、魅力的な異性が1羽いた場合の三角関係でしょうね。例えば、オス2羽、メス1羽の兄弟妹の場合、文鳥には近親の倫理観はないので、兄弟は恋敵としていがみ合い、ケージ(cageなので「ゲ」と濁らないのが正解)のような狭い空間に一緒にいると、大げんかになってしまうことも起こります。

もしオス同士なら、同じケージで仲良くさせるのは至難でしょうね。しかし、「白」の方がメスなら、成長して異性を意識するようになれば、態度が変わる可能性も大きいかと思います。
とりあえず、ケージは別々で、逃げることが出来る(視界から消えると攻撃本能は鎮まります)室内放鳥は一緒にして、それなりに関係が改善する機会を保っていくのが、良いのではないかと思います。別々に放鳥などしていれば、険悪な関係が固定化されてしまいますし、ケージに残っている間に、嫉妬心を募らせるだけになるので、やめたほうが良いと思います。

ケージは、放鳥する場合、小型のものでも問題ないので、スペース的には、例えば1Kのような間取りでも、何とかなるだろうと思います。無理そうな場合や、2羽(「平野」さんと文鳥1羽)の関係を深めたければ、1羽は実家のご家族にお願いするか、「里親募集板」などを利用して、誰か有志の方にお譲りすることを、ご検討になっても良いかもしれませんね。





交配について
投稿者: トキマサ 投稿日:2016/01/21(Thu) 19:42 No.13343

初めまして。
文鳥の交配について調べていたのですが分からなかったのでご質問させていただきます。
白文鳥♀と桜文鳥♂を飼っています。白文鳥が去年卵を産み、今年の初めに雛が生まれました。2匹生まれまして、雛の嘴の色から桜文鳥の雛と白文鳥の雛だろうと思っていました。
最近になって羽根が生えてきたのですが、白文鳥の雛だと思っていた子の羽根の色がシナモン文鳥のような色合いで全く白くなく、目も赤いです。
白文鳥と桜文鳥の交配で、シナモンがでることはあるのですか?劣勢遺伝なんでしょうか?それとも成鳥になる段階の換羽で白文鳥か桜文鳥になるのでしょいか?
お知恵をお貸しいただければ幸いです。




Re: 交配について
ジャクボー - 2016/01/21(Thu) 22:00 No.13345
HomePage

ani-kakisaku.gif こんばんは。
外見ではなく、遺伝的な意味で、白文鳥と桜文鳥の間にシナモン文鳥の外見をした子供が生まれる可能性は、とても低いです。ただ、可能性はあります。突然変異で色素異常が生じるケースです。
生まれたヒナが2羽とも色素異常になる可能性は、さらに低いので、両親がシナモンの因子を持つ文鳥なのかもしれませんね。その場合、「桜文鳥」の方は、その両親の一方がシナモンで、白斑がほとんどないノーマル文鳥の外見をしたミックスである可能性が考えられます。一方の白文鳥は、絶対的に優先される白の優性因子を持つ、私が「弥富系」などと呼ぶ系統の白文鳥と、シナモン文鳥のミックスである可能性が考えられると思います。
つまり、両親ともに劣性のシナモン因子を持っているので、その子供は50%の確率でシナモン文鳥になります。全体的な確率が5割なので、たまたま2羽がシナモンでも、不思議ではありません。
「成鳥になる段階の換羽で白文鳥か桜文鳥になる」ことは、特殊な病気にならない限り、無いと思います。





お星様になりました
投稿者: フミアヤ 投稿日:2016/01/21(Thu) 14:09 No.13342

こんにちは。

文鳥写真展にも掲載されている『おつまみ文鳥』のフミが1月15日亡くなりました。
2010年にやってきて、愛嬌いっぱいの桜文鳥♀でした。

亡くなった原因は、『卵管脱』です。
朝から苦しそうで、卵詰まりと思いカゴ内を暖め、様子を見ていたら、苦しそうに鳴くなり巣から出てきて!!
ビックリしました。
5分ほどで着く行きつけの病院にすぐ連れて行きましたが、「体温の著しい低下で、かなり危険です」と。
ドライヤーで保温、ICU出蘇生処置をしていただきましたが、その甲斐なく病院について3時間後に息を引き取りました。

白文鳥♂のブンは、今でもフミを探しています。

病気で亡くなるのも辛いですが、突然の死はもっと辛いですね。




Re: お星様になりました
ジャクボー - 2016/01/21(Thu) 21:46 No.13344
HomePage

ani-kakisaku.gif こんばんは。
そうでしたか、ご冥福をお祈りいたします。

高齢で最終期の産卵と、この寒さ、という悪条件が重なってしまったのでしょうね。
残された文鳥も飼い主もさびしいものですが、励まし合っていただければと思います(いつも以上に声をかけたいですね)。





無題
投稿者: 白ママ 投稿日:2016/01/13(Wed) 11:43 No.13336
ani-kakikaki.gif はじめまして。
文鳥について色々調べていたら見つけお邪魔しました。
自分なりに勉強していますが果たしてそれが正解なのか不安な毎日です。

3日程前に文鳥を我が家に迎えました。
およそ生後3ヶ月位だと思います。
手乗りくずれという感じでかごの中に手を入れると怖がります。ですが、外に出してあげるときは指にとまり毛繕いをしたりします。
昨日からかごに指を近づけるとつついてきたりします。
このまま慣れてくれれば手乗りになるかなと思っているのですがいかがでしょう?

またキュッキュッっといった声で常に鳴いている感じです。
調べたところ、呼んでいる意味もあるらしいとのことで鳴いたら声をかけるようにしています。そばにいくとよってきてくれるのですが、私も家事育児がありずっとそばには居てあげれず離れると大きな声で鳴きます。
言いきかせ的なことはしてるのですが、この対応はどうなのかなと悩んでおります。

また青菜をとても怖がりそばには近づけるだけでパニックをおこします。健康のために必要なものだけに困っています。グリーンフード等も考えていますが、新鮮な野菜を食べて欲しいという思いもあり、何かお知恵をかしていただけたら嬉しいです。

長文失礼いたしました。




Re: 無題
ジャクボー - 2016/01/13(Wed) 16:50 No.13337
HomePage

ani-kakisaku.gif こんにちは。

その状態になるのは、手乗り文鳥と見るべきだと思います。この場合手乗りと言うのは、どのようなスキンシップをするかではなく、人間を親と思って育ち、結果、人間と自分は同じ生き物だと認識している文鳥のことです。
つまり、人間だと思っている文鳥、なので、飼い主としては、人づき合いと一緒だと思ったほうが良いかもしれません。いくらこちらが親しくしたい、コイビトになりたい、と思っても、相手は初対面なら話してもくれない方が普通でしょうし、親しくなるにはそれなりの時間と努力が必要になるはずです。また、その努力は、相手の性格にもよって、報われるとは限らないですね。
案外、ドライな友だち関係になるか、愛し合うカップル(=「ベタ慣れ」とか「握り文鳥」とも呼ばれるものです)になるかは、今後の付き合い方と、相手の性格次第、というわけです。

「キュッキュッ」はメスなら、親しい相手を呼ぶ声ですが、生後3ヶ月が正しければ、オスのぐぜり(=さえずりの練習)かもしれません。
いずれにせよ、出来る範囲で返事などをし、無理なら無視して、そういうものだと、慣れさせるべきかと思います。「こうあらねばならない」ではなく、「白ママ」さん家の流儀を作っていけば良いことでしょうね。

青菜は、まず小さくして入れたり、室内放鳥時に飼い主がいじって興味を誘ったり、徐々に慣れさせていくと良いかと思います。慣れてかじって遊んでくれるようになれば、やがて食べるようになるかと思います。




Re: 無題
白ママ - 2016/01/13(Wed) 17:21 No.13338

ani-kakikaki.gif お返事ありがとうございます。

人間付き合いと一緒、まさにそうですよね。目から鱗でした。
まずは信頼してもらえるように頑張ります。
青菜、明日から早速試してみます。ありがとうございます

せっかく縁があって家の子になってくれたので幸せなってもらえるよう頑張ります





無題
投稿者: チャッキー 投稿日:2016/01/10(Sun) 01:07 No.13333

はじめまして。
文鳥に詳しい方にお話しを伺いたくここにたどり着きました。深夜に申し訳ありません。

シルバー文鳥のメス一歳半を飼っております。
二日前に卵詰まりの可能性があり近所の病院へ連れて行きました。レントゲンを撮りましたが結果異常はなく安心して帰宅し、キャリーから出してあげるととても脚を気にしていました。
見てみると右脚の一本の指が内側にカーブしており少し腫れている感じがしました。
餌もよく食べ、止まり木へジャンプして移動したり、水浴びもしていたので様子を見ることにしました。
ですがやはり痛いようで、頭を掻いたり、他の鳥と遊んだ後は脚をしまい込む仕草をしたり、時折眠たい表情をします。
紫色に変色したり極端な曲がり方をしたりはないですが爪のあたりが少し腫れています。
骨折か捻挫でしょうか?

病院へ連れて行く前は痛がっていなく帰宅後すぐのことなので、レントゲンを撮る際に暴れて怪我したか、帰宅途中にキャリーで怪我をしたかは分かりません。
病院に連れて行きたいのですが、大した治療ができないのに、また暴れて指が余計に悪化するのが怖くてどうしようかと悩んでいます。

指の骨折や捻挫の場合は自宅安静でも大丈夫でしょうか?自宅安静の場合できることは何かありますか?
また症状からみて他の病気の可能性がありますでしょうか?
とても心配です。

長文すみません。どんなことでも良いのでどうかアドバイスお願いします。




Re: 無題
ジャクボー - 2016/01/10(Sun) 09:55 No.13334
HomePage

ani-kakisaku.gif こんにちは。
私は文鳥にレントゲンを撮ってもらったことがないのですが、固定しなければいけないはずなので、その際に「捻挫」した可能性が大きいように思います。また、骨折の可能性も否定はできないでしょうね。
いずれにせよ、徐々に自然治癒する可能性が大きいですが、骨折の場合は変形してしまうことが多いので、やはり獣医さんに診てもらったほうが良いかと思います。指の骨折なら、くるくるっとテープを巻くくらいで済むかもしれませんね。あまり時間を置かない方が良いですが、慌てるほどではないと思うので、連休でかかりつけがお休みなら、その間様子を見てから、でも良いかと思います。

なお、卵づまりの有無など、触診でわからないようでは、治療も難しい(触って押し出す)はずなので、レントゲンなど不要だろうと、私は思います。そもそも、卵づまりをしている状態で、レントゲンのため固定させるなど、感心できないです。
もちろん、触診して卵がない場合、他の可能性を含めてレントゲン検査で確認するなら、それは慎重な診療と言えるでしょうね。




Re:勉強になりました。
チャッキー - 2016/01/10(Sun) 15:25 No.13335

お返事ありがとうございます。

アドバイスしてくださった通り病院へ連れて行くことにしました。
今日もずっと痛がる仕草をするので連休明けに病院へ行ってみます。



触診をしてから念のためレントゲンという流れでしたが、鳥専門ではないので分からない事は分からないと言われました。今回の怪我の件もあるので少し遠くても鳥に詳しい病院を探そうと思います。

本当にありがとうございました。





[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35]
記事のbニ投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます。
(マウス操作で『削除』に切り替えられない時はキーボードの「↓」次に「Enter」)

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -